Top > 合宿免許の日数

合宿免許の日数

合宿免許は集中して免許教習を受けることが出来るので、短い期間で免許を取得することが出来ます。
普通車、大型車、バイク、作業系の特殊機械などのさまざまな免許を取得することが可能です。

合宿免許で最も多いのは普通車の免許取得で、AT車は最短14日間、MT車は最短16日間で卒業することが出来ます。
学生であれば、ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどの長期間の休みを利用することで、早く確実に免許を取ることが出来るでしょう。

バイクの合宿免許は、中型二輪は最短7日間、大型二輪は最短6日間と、一週間もあればバイクの免許を持つことが可能です。
バイクの免許もATとMTに分かれているため、多少日数のずれはあるようです。

合宿免許では、普通自動車とバイクの免許を同時に取得することも可能です。
普通車の合宿期間に数日プラスするだけで、同時に免許を取得することが出来ます。
学科内容が共通しているため、バイクの免許を取りたいと考えている方は、別々に取得するよりも同時に取得する方がお得です。

仕事の幅を広げるには、大型免許や大型二種免許を合宿免許で取得すると良いでしょう。
大型車では最短11日間、大型二種は7日間で取得可能です。
通学で免許を取得するよりも、集中して行えるため、運転技術が上達しやすく感覚を覚えやすくなっています。

休みがまとめてとれるのであれば、合宿免許で集中して免許取得を目指しましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
合宿免許とは(2015年3月 1日)
合宿免許のメリット(2015年3月 1日)
合宿免許のデメリット(2015年3月 1日)
合宿免許の日数(2015年3月 1日)
合宿免許の流れ(2015年3月 1日)