Top > 合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリット

合宿免許は、短期間で普通車や大型自動車、バイクなどの免許を取得することが出来るほか、集中して免許取得のための学科や実技を行うことが出来るので、ダラダラと教習所に通わなくても良いメリットがあります。

合宿免許は、短期間で免許を取得することだけでなく費用も安く抑えることが出来るので、とても人気があります。

しかし、合宿して免許を取得するため多少のデメリットはあります。
合宿免許は人気があるため、合宿免許の予約をとるのが難しくなっています。
さまざまなプランやキャンペーンなどは締め切り前に予約でいっぱいになってしまうことも良くあります。
合宿免許を考えているかたは、早期に予約しておかなければ、参加することが出来ません。

合宿免許は、免許取得までのスケジュールが決められているため、基本的には、急な病気や用事が出来たとしてもキャンセルすることが出来ません。
安いプランでは、保証などがない場合もあるため、きちんと理解した上で参加することが大切です。

合宿免許で一番のデメリットとして挙げられていることは、ある程度の合宿期間が必要なことでしょう。
通常の免許取得に比べれば短いのですが、集中して講習を受けなくてはならないため、長期間の滞在が必要です。
学生の方は、夏休みや冬休みなどの長期の休みを利用して合宿免許に行くことが出来ますが、仕事をサラリーマンや連続で家を空けられない主婦にとっては難しい問題となるでしょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
合宿免許とは(2015年3月 1日)
合宿免許のメリット(2015年3月 1日)
合宿免許のデメリット(2015年3月 1日)
合宿免許の日数(2015年3月 1日)
合宿免許の流れ(2015年3月 1日)